イミグレーションで

あのね、イミグレーションで目的聞かれなかったの。

係官「どこに泊まるの?」
ゆ「ハレマノアっていうUHの寮なんだけど」
係官「友達でもいるの?」
ゆ「そうです。visiterも泊まれるんだよ」



ゆ「(はぁ??名前まで聞くわけ)○○○○○。」
係官「大学院生なの?友達は何してる?」
ゆ「ソシオロジー」
係官「じゃあなたも大学院生?」
ゆ「そうです。アメリカ史です」
係官「アメリカ全部の?」
ゆ「No.(全部を説明するのも面倒なので)ジャパニーズ・アメリカンヒストリー」
係官「Oh!!じゃあ僕たちみたいのだね。僕は3世だよ。僕より上の世代、二世とか
   1世がキャンプに入れられたんだよ?知ってる?すごく大変だったんだ」
ゆ「知ってます」
係官「僕の両親とかに話し聞くといいかもね。すごくいいと思う。頑張って」

噂の指紋認証も写真撮影も、この会話の中で密かに進んでいき、
指紋は「はい左、はい右」っていってくれたからいいものの、写真なんか、
ほかのブースの係官は「はい、じゃあこっちみて」「取るよー、はい取ったー」
みたいな感じで進んでたのに、この人、しゃべってる間に取ってるでやんの。
いいんですかそれで。私全然カメラの方、見てなかった気がするんですけど。

でも知り合いじゃない人、こんなたまたま会った人とジャパニーズ・アメリカンの
話をするとは思ってなかったので、なんかすごいなぁと思いました。

ハワイ時間:8/31午後5時20分
[PR]
by kiyusai2 | 2005-09-01 12:23 | 日々雑念
<< Archivist とりあえず到着 >>