フェンスが立てられること。

高江に工事の皆さん、いらっしゃいました。
詳細はこちら。高江のブログ
飛べない人はこちら[http://takae.ti-da.net/]


フェンスは様々なものを分断する装置として、存在しつづけています。
これまで沖縄ではフェンスで隔たれた米軍基地の存在により、たくさ
んの被害が起こったにもかかわらず、いや進行形で起こっているにも
かかわらず、新たなフェンスが設置されようとしているのです。この
ような行為を許すことはできません。

「壁をつくること」。物理的であれ、心理的であれ、何かを分離する
この行為が、人を傷つけ、土地を傷つけ、様々な抵抗運動を呼び、後の
人々に「負の遺産」として語られることを知らないのでしょうか。

ビデオカメラとデジタルカメラをもって、抵抗運動をする人たちを記録
に残していきます。歴史を研究するものとして、これまで国家が抵抗す
る人たちを記録に残す行為が、いかに傲慢で、恣意的で、暴力的である
かを知っています。またその記録が、いかに不当に使用されるかも知っ
ています。このような行為を許すことはできません。



・・・と書いてみた。
ひとまず。フェンスも記録もいらない。
[PR]
by kiyusai2 | 2010-02-26 17:31 | 日々雑念
<< 寝ちゃった。 よかったよかった。 >>